日頃のメンテ

ここまで、かばんの修理の方法や種類について紹介してきました。これらを利用することで、長く利用することはもちろん重要な事ですが、一番良いのは「きれいな状態を保つ」ということです。ここで重要になるのが、日頃のメンテナンスです。メンテナンスを行っているのと行っていないのとでは、かばんの状態に大きな違いが発生することになります。

例えば、かばんのトラブルでよくあるのが、革の表面に「粉」が吹いてしまうというものです。白い粉のようなものが表面に浮かんでくる症状ですが、これは何がそのようになっているのでしょうか。革の鞄はその状態を良くするために、オイルやロウなどを使って硬められています。しかし、長年かばんを使用していると、温度変化などによって内部に入っているオイルやロウなどが表面に浮き出してしまうことがあります。これが、「粉吹き」の原因です。

粉吹きについては、対処はそれほど難しくありません。革用のブラシと布を用意すれば、簡単に取り除くことができます。まずは専用のブラシを使い、表面に浮かんだ白い粉を払い、革についてしまった膜も取るようにします。

その後、ケアした表面を柔らかい布で拭き取れば、元の綺麗な状態に戻すことができます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket