金具の修理

それでは、かばん修理について、まずは先程も紹介した金具の修理について紹介します。金具の壊れ方によって、修理に必要な方法にも違いがあります。多くの場合、金具はメッキ塗装のようなものがされているため、長く使っているとこのメッキが剥げて色が落ちてしまう場合があります。こういった壊れ方である場合、つまり形自体には問題がなく、強度にも問題がない場合については、メッキの貼り直しによる修理ができることがあります。

メッキ貼り直しで修理を行う場合、金具自体は同じものであるため、形が全く変わらないのが大きなメリットです。ただし、利用できるかばん修理業者が限られることがデメリットとなります。

また、メッキの剥がれではなく、より大きな破損がある場合などについては、金具交換と言うかたちで修理を行われる場合が多くなります。この場合、元の金具に近い形の金具から選んで修理を行う、というのが一般的です。ただ、リメイクも兼ねて違うデザインの金具を選択することもできます。

金具交換自体は、それほど時間がかからない修理であるため、金具の在庫がある場合には即日で修理が完了することも少なくありません。待ち時間などを確認して依頼すると良いでしょう。