革の修理

それでは引き続き、かばん修理について紹介します。ここでは、金具以外の部分の修理について、どのようなものがあるのかについて紹介します。かばんは、革でできている物が多いため、ここでは革部分の破損の修理が、どのようにして行われるのかについて紹介します。

革の修理を行う場合、どの部分が破損しているのかによって、修理の難易度が変わります。例えば、取っ手を止めておくための根革という部分が破損している場合、根革自体を取り替えることで、比較的簡単な修理が可能となります。これは、独立した部分であるためです。

しかし、本体部分の革の一部が剥がれるなどの破損をしてしまった場合、根革の修繕のように、全体の取替えで対処をすることができません。パッチのような形で修繕することも可能ですが、どうしても自然な形で修繕するのは難しくなってしまいます。かかる期間や料金などが高くなってしまう場合が多いため、かばん修理会社と相談してみるのが良いでしょう。

この他にも、内部の革の修繕などがあります。内部の場合、外から見えない部分ということもあり、外部の革に比べると修繕が行いやすくなっています。使われている革も特殊なものでない場合が多く、修理会社に備蓄があることも多くなります。